就活ノウハウ

ビジネスの基本~エクセル技~
データを入力後、
右のセルに進むには

エクセル技

横方向にデータをどんどん入力していきたいのに、[Enter]キーで確定すると下のセルがアクティブに……。
いちいち右側のセルを選び直すのは面倒ですね。このようなときは、用途に合わせて次の方法を使い分けると便利です。
入力データが少ないとき → [Tab]キーを使う
入力データが多いとき → 移動方向を右に変更する
ちょっとしたことですが、この手のワザの積み重ねがデスクワークをより快適にしてくれます!

1.[Tab]キーを使う

データを入力後[Tab]キーを押すと、アクティブセルが右へ移動します。左へ戻したいときは[Shift]+[Tab]を使います。

データを入力後[Tab]キーを押すと、アクティブセルが右へ移動します。左へ戻したいときは[Shift]+[Tab]を使います。
メモ
[Enter]キーを押すと下へ進み、[Shift]+[Enter]で上に戻ります。

2.移動方向を右に変更する

【Excel2010の場合】①[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

【Excel2010の場合】
①[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

【Excel2007の場合】①(Office)ボタンをクリックして、[Excelのオプション]をクリックします。

【Excel2007の場合】
Officeボタン(Office)ボタンをクリックして、[Excelのオプション]をクリックします。

②「Excelのオプション」ダイアログが表示されます。左側の[詳細設定]をクリックし、[Enterキーを押した後にセルを移動する]の「方向」欄で[右]を選択し、[OK]をクリックします。

②「Excelのオプション」ダイアログが表示されます。
左側の[詳細設定]をクリックし、[Enterキーを押した後にセルを移動する]の「方向」欄で[右]を選択し、[OK]をクリックします。

これで[Enter]キーを押すたびに、右へ右へと効率よく進めます。

これで[Enter]キーを押すたびに、右へ右へと効率よく進めます。
メモ
この設定はファイル単位ではなく、Excel自体に設定されます。パソコンを共有している場合は、次に使う人のために設定を元に戻しておきましょう。

プラスαのテクニック!
1件目を入力後、素早く2件目の先頭セルに移動するには?

あらかじめ入力範囲を選択しておきましょう。左図の例で説明すると、A2~E6を範囲選択しておけば、E2にデータを入力後[Enter]キーを押すと、アクティブセルはA3に移動します。

あらかじめ入力範囲を選択しておきましょう。
左図のように範囲選択しておけば、E2にデータを入力後[Enter]キーを押すと、アクティブセルはA3に移動します。
メモ
入力を間違えたまま次のセルに進んでしまったときは、[Shift]+[Enter]で戻り、上書きで修正しましょう。間違えた部分を[Delete]キーで消そうとすると、選択範囲内のデータがすべて削除されてしまうので要注意です!

環境について

本ページの内容は、
以下の環境で検証及び制作しました。
Windows7 Professional
Microsoft Office2010、Office2007


Facebookでシェア

情報提供:株式会社コスモピア

Back Number

OPC Expressについて

OPCExpressサイトでは、子育てママ、就職・転職をめざす大学生や若者にスポットを当て、お役立ち情報や体験談を提供することで、みなさまの職場復帰や就職・転職を応援しています。

「こういう働き方があるんだ」「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」など、OPCExpressサイトを読んで、勇気を持って一歩を踏み出していただけるようなコンテンツを発信していきます。

オムロン パーソネルでは、人材サービスを通じて悩みや不安を抱える人の思いに寄り添い、一人ひとりの成長と新たな可能性を拓いていくサポートしています。