お仕事カタログ

ウェブデザイナーなどの
クリエイティブ職

ウェブデザイナーなどのクリエイティブ職

ひとつの仕事に絞ってその魅力や特徴を徹底分析。注目されている理由、仕事内容、ニーズ、必須スキルなどをご紹介したうえで、これから活躍するためのポイントやアドバイスについては未経験、有資格者、経験者といった条件別にお伝えしていきます。

今回のお仕事カタログ
『ウェブデザイナーなどのクリエイティブ職』

特徴は?

ウェブデザイナーなどのクリエイティブ職

クリエイティブ分野の職種は今、選択肢が多彩です。パンフレットなどの紙媒体及びホームページ制作・デザインといった従来ジャンルに加え、モバイルコンテンツ、SNSゲーム、アミューズメント機器、キャラクターグッズなどに関わる職種でも派遣で働く方が活躍中。経験者の少ない新分野、未経験OKの職種もあり、チャレンジする方が増えています。労働時間の長いイメージのある業界ですが、派遣で働くなら条件面でも安心です。

ニーズは?

求人が多いのは、スマートフォンサイトやソーシャルアプリゲーム分野でのコンテンツ制作・運用、デザイナー、コーダーです。これらの分野での経験がない場合は、ウェブ制作やデザインの経験があれば、トライできる可能性が高まります。上記以外にキャラクターグッズ開発、アミューズメント機の外装などのデザイン、企業のオフィシャルサイト制作・運用なども求められています。

必須スキルは?

募集ジャンルの実務経験者が優遇されるのはもちろん、他ジャンルの経験も評価されます。ウェブ、モバイル、商品、カタログなどのデザイナーにはIllustratorとPhotoshop、運用にはHTMLとCSSの知識が必須(タグ打ちのスキルがあれば、なお可)。商品デザインはデッサン力、DTPオペレーターはInDesignが求められる場合もあります。未経験でも商品ターゲット層のトレンドやデザインセンスが感じられるなどが強みになります。

ポイント
ジャンル、職種、ニーズが多彩
派遣ならワークライフバランス面も安心
未経験でもアピール次第でトライできる

活躍するには?

資格や学歴は問われませんが、実績や作品の準備は必須です。そのうえで、経験、強み、アピールポイントを説明できるように整理しておきましょう。その際、できるだけテイストやジャンルにバリエーションを持たせておくほうが有利。センスやスキルは実務経験の有無にかかわらず評価されます。またクリエイティブ分野は、打ち合わせやミーティングを経て制作していくことが多いため、コミュニケーション能力や人柄も注目されています。

未経験なら

ホームページなど自作の制作物、ポートフォリオ(作品集)などで、デザインスキルとセンスをアピールしましょう。またIllustrator、Photoshop、HTML5、CSS3といったソフトが使えると歓迎されます。サイト制作の場合、未経験歓迎が比較的多いサイト更新の仕事からチャレンジする方法もあります。経験者の少ないキャラクターグッズの商品開発は、未経験歓迎の可能性大。商品ターゲット層の事情に詳しいと活躍の可能性が上がります。

経験アリなら

制作実績を披露してのアピールが有効です。ウェブ制作であれば、ご自身が携わったサイトをピックアップ。担当した内容がサイト全体なのか部分的か、任されていたか指示されていたかなどの説明を加えることも重要です。デザインの実務経験があっても、センス、スキル、業務のテイストにあうかなどが問われるので、意識しておきたいものです。


アドバイザー
アドバイザーからの一言

派遣なら、プライベートの時間を確保しやすい上に、キャリアアップの希望が叶う可能性も十分にあります。「この経験しかないから無理」と思わず、ぜひチャレンジしてください。

Facebookでシェア

※2014年2月時点の情報です。
制作協力:株式会社これから

Back Number

OPC Expressについて

OPCExpressサイトでは、子育てママ、就職・転職をめざす大学生や若者にスポットを当て、お役立ち情報や体験談を提供することで、みなさまの職場復帰や就職・転職を応援しています。

「こういう働き方があるんだ」「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」など、OPCExpressサイトを読んで、勇気を持って一歩を踏み出していただけるようなコンテンツを発信していきます。

オムロン パーソネルでは、人材サービスを通じて悩みや不安を抱える人の思いに寄り添い、一人ひとりの成長と新たな可能性を拓いていくサポートしています。