社員インタビュー

衣斐  仁美

自分の『働き』で人を
『幸せ』にしたい

衣斐 仁美
2014年新卒入社
ヒューマン・ソリューション事業部
京都本社 人材開発チーム

入社のきっかけは、大切にしている“想い”が同じだったから

「最もよくひとを幸福にするひとが最もよく幸福になる」
これは、オムロン パーソネルが大切にしているオムロン創業者の立石一真の言葉です。オムロン パーソネルに魅力を感じたきっかけは、部活で大切にしていた“想い”と、この言葉が重なったことでした。私は小学生から大学生まで吹奏楽部に所属し、「自分たちが作り上げた音楽でお客様に感謝の気持ちを届け、笑顔になってもらいたい」という気持ちで活動に励んでいました。 就職でも、同じように「自分の『働き』で人を『笑顔』にしたい」という“想い”を大切にしている企業を選びたいと考えていました。就職活動を通じて、オムロン パーソネルの人材ビジネスに対する考え方に共感し、「この会社で働こう!」と入社を決めました。実際に、多くのスタッフさんや一緒に働く上司・先輩と関わる中で、この“想い”を体現できているという実感があります。これからもこの言葉を大切にして仕事に取り組んでいきたいと思っています。

衣斐  仁美

スタッフさんに信頼していただくために

派遣のコーディネーターとして、登録に来られた方との面談を行い、人と仕事を繋ぐマッチング業務をしています。登録に来られる方は、色々な思いをお持ちです。中には初めての面談で不安に感じている方もいらっしゃいます。働くということは人生に大きく関わることであり、仕事内容以外にも働く時間や場所など、人によって条件は様々です。だからこそ私たちは、スタッフさんの立場になって考え、お仕事を探すことが求められます。私たちがスタッフさんをより理解するため、面談では私自身を信頼してお話してもらえるよう、誠実に対応することを心がけています。また、営業とコミュニケーションを常に取り、時には同行して、就業いただく職場の具体的な仕事内容や雰囲気をより理解し、スタッフさんの不安や疑問を取り除けるよう努力しています。

今自分にできることを精いっぱい考える

入社した当初は、できない自分にもどかしさを感じて焦り悩んだ時期もありました。しかし、3年目の今では大型案件を任せてもらえるようになったりと、とても充実した日々を過ごしています。そんな私が変われたのは、先輩に頼ってばかりの自分と、「自分の『働き』で人を『笑顔』にしたい」という目標とのギャップに改めて気づくことができたからです。それからは、できないことを意識するのではなく、「人を『笑顔』にする」ため「今自分にできることは何か」を精いっぱい考え、行動するようになりました。このようにとらえ、行動するようになったことで、スタッフさんに「とても話しやすかったです。」と声をかけていただくことも増えました。また、紹介したいお仕事がどんどん湧いてくる感覚も持つようになりました。さらに、上司や先輩が私に相談をして下さるようになり、自分が役に立っているという実感が湧き、仕事を楽しく感じています。

衣斐  仁美

より人の『笑顔』に貢献できるように

面談をしたスタッフさんから、「丁寧に話を聞いてくださってありがとうございました。」という感謝のお手紙をいただいたことがあります。嬉しさもある一方で、一人ひとり丁寧に対応することの大切さに改めて気づきました。これからは、スタッフさんが言葉にされた希望条件だけではなく、言葉の節々に隠れたニーズを汲み取って、お仕事の提案をしていきたいと思っています。そのためにも、コミュニケーションをなによりも大切にして仕事を行っています。スタッフさんにとって必要な情報をわかりやすく伝えられているか、自分の想いが相手の心に届いているか。日々振り返りながら、コーディネーターとしても、一人の”人”としても成長し、これからもたくさんの『笑顔』に貢献していきたいです。

※2016年7月時点の情報です。

プロフィール

2014年新卒として入社。人材派遣、紹介事業を担うヒューマン・ソリューション事業部の京都本社でコーディネーターとして、主にオムロングループ向けの人選(マッチング)、スタッフ向けのキャリア支援の企画・運営を担当している。

ページトップへ