社員インタビュー

本郷 匡志

お客様が求めるその先を

本郷 匡志
2008年新卒入社
ヒューマンリソースサポートセンタ統括部
人事サービスセンタ 第一チーム

オムロン パーソネルに任せていただくために

現在所属している人事サービスセンタは、オムロン本社及びオムロングループ各社から人事・給与に関わる業務を受託しています。人事といえば華やかなイメージがあるかもしれませんが、実際は業務の幅が広く地味な業務も多いです。 その幅広い人事業務の中でも、私は主に給与計算業務を行っています。給与計算業務は単純な事務作業と思われやすいですが、社会保険や税金などの法律や会社の規程に関する知識が必要とされる専門業務です。また、お客様の業務を代行する仕事ですので、“お客様のことを想う”ことが欠かせません。顧客は人事の方ですので、基本的に異動が少なく、関係性を長く保てる利点はありますが、長い付き合いだからこそ、レスポンスの速さや丁寧さには気を付けています。そして、お客様から何か要望をいただいた時には、その目的やお客様にとっての利便性までを引き出したうえで答えます。「オムロン パーソネルだから任せるメリットがある」と思っていただくには、お客様が何を考えているかがわからないことには話になりません。お客様との信頼を築き、価値あるサービスを提供するためにも、コミュニケーション力は非常に重要なスキルです。

本郷 匡志

「お客様のために」がモチベーションの糧

この業務の難しいところは、「できて当たり前」と思われることです。お給料は、「絶対に間違いのないもの」という認識が強いかと思います。給与計算でのミスは社員のみなさんの生活に大きく関わることですので、ミスをすることは決してあってはならないことです。「払いすぎましたので返金してください」などということは、怒られるだけで済む話ではありません。「できてゼロ。できなかったらマイナス」が基本で、プラスの評価はなかなかありません。また、営業のように成果がはっきりと数字に出る仕事でもありません。しかしながら、「お客様のためになんとかしたい」という思いが私のモチベーションになっています。お客様のために何かしてあげたいと思う、だからやる。だからこそ「より良く」という思いが芽生える。そうした思いを込めて提供したサービスや提案に対してお客様から評価をいただけた時が、この仕事でやりがいを感じる瞬間の一つです。専門性を高めて、お客様がどう感じているのか、何を欲しているのかを把握できるように、もっとお客様の中に切り込んでいきたいと思います。

常に「考え続ける」組織風土

人事サービスセンタは業務改善に対しての意識が非常に高い部門です。給与計算業務は、いつも同じようにやっていれば問題なく終わる仕事です。でもいつまでもその繰り返しでは単なる作業にしかすぎず、お客様にとっても私たちにとっても意味がありません。ミスをなくして品質を向上すること。その一方でいかに効率をあげていくか。私たちの部門はメンバーそれぞれ「より良い仕事をしたい!」という思いを人一倍強く持っていますので、普段から常に、変えられるものはすべて変えていっています。誰に言われるまでもなく自ら積極的に改善に向けて取り組む。そういった意識が部門の風土として根付いていることが、一つの特徴だと思います。それぞれ事務処理能力が高いうえに改善意識も持ち合わせているので、例えば、賞与や年末調整時期などの繁忙期に起こる残業も大幅に削減できています。

本郷 匡志

プラスαの価値を求めて

今の課題は、給与計算業務の“価値”を見い出すことです。
私たちは基本的にお客様の仕事を代わりに請け負っている部門ですが、単なる代行屋で終わっていてはいけないと思うんです。本来ならば自社でまかなえるはずの業務を、お金を支払ってまでお客様は私たちに任せてくれます。そこに様々な理由があれど、私たちに託してくださる限り、それ相応以上のものを返さなければいけないと思っています。給与に関わるということは人事業務全体にも大きく関係します。人事は会社にとっての根幹であり中枢です。そこに私たちが深く関わっているのなら、私たちにできることはもっとあるのではないかと考えています。給与計算業務はただの事務作業ではなく、お客様にいろんな価値を提供できる可能性を秘めているサービスです。お客様にとっての“プラスαの価値”とは何なのか?を強く意識しながら、仕事に取り組める人でありたいです。

プロフィール

2008年に新卒として入社。人事・総務・経理のシェアードサービスを事業とする部門にて企画・コンサルティングを経験した後、給与計算業務を担当するとともに、人事・給与計算システム設計に関する新たなプロジェクトを牽引している。

ページトップへ