社員インタビュー

前川 善行

絶対的なミッションを、
いかに楽しく乗り越えるか。

前川 善行
2006年キャリア入社
エンジニアソリューション部 営業グループ
採用チーム リーダー

面接を受ける前から「いい会社だ」と思った

前職も人材ビジネス業界でコーディネーターを担当していました。勢いのある会社だっただけに仕事漬けの日々。辞めた時にはもうこの業界には興味を持てませんでしたが、先にオムロン パ ーソネルに入社していた前職時代の同僚に誘われる形で、話を聞きに来ました。“ハートフル”という言葉の通り、労働環境もさることながら、入社する前に会った人がみんないい人だったんです。その温かさは、今でも変わりません。また、規模がそんなに大きくない会社なので、出来上がっているものがあまりなく、自分たちで一から作り上げていかないといけなかったのは大変でしたが、そこが面白かったです。その面白さもまた今でも変わりません。

前川 善行

「知識がない」から始まるコミュニケーション

エンジニアソリューション部では、聞いたこともない、訳のわからない横文字が飛び交うことが多いです。そんな時助けてくれるのが、エンジニアソリューション部に所属するエンジニアのOBたち。ありがたいことに、1聞いたら10も教えてくれる存在です。それは、登録に来てくれるエンジニアも同じでした。「教えてほしい」ということをオープンにすると、みんなとても優しく教えてくれます。どうやら技術者のみなさんは、自分が知っていることを伝えることが嬉しい人が多いようです。面談で最初は緊張している人でも、こちらが心を開くとみんな楽しそうにしゃべってくれます。理系の人が歩いてきた人生は、文系の自分にとっては興味深いことばかり。だから、担当業務の中でも面談や面接などで相談に乗ることに面白さを感じます。聞くのではなく、傾聴するということを大切に接しています。

やりづらさが全くないのが部門の自慢

エンジニアソリューション部は現在メンバーが増えてきていますが、みんなすぐに馴染んでくれます。一番の効果はやはり「飲みニケーション」。…というのは半分冗談で、エンジニアソリューション部のメンバーには、“前向き”そして“楽しく仕事をしよう”という精神があり、そのために「言いたいことを言える」関係ができています。間違っていると思うことや納得がいかないことがあれば、しっかり話を突き詰めるし、悩み事があれば快く相談に乗る。一日一回は会議や打ち合わせを行っているのがその現れだと思います。どんなことでも全然壁がなく言える関係なので、部門の中で“やりづらい”と感じたことは全くありません。これは我ながら凄いと思っています。

前川 善行

この会社に入って知ったことすべてが “成長”

規模の小さい会社ですが、親会社のオムロンの社風がきちんと踏襲されており、大企業で働くこと、組織で働くことについて非常に勉強できる場所です。そんな会社の中で知ったことは、すべてが自分の成長につながっていると思います。特に、リーダーになったことで変わったことをあげるとしたら、「どうすればできるか」を、より絶対的なミッションとして考えないといけなくなったこと。その責任がより重くなりましたが、その分視野が広くなり、自分がする仕事で部門がどうなっていくのか、その部門の動きによって会社がどうなっていくのかを常に考えながら動くようになったのは大きな成長だと思います。チーム自体は少ないメンバーで回しているので、楽しく仕事ができる雰囲気づくりを大切にしながら、「頼れるリーダー」を目指しているところです。リーダーに本当に必要なものを、色々経験しながら、壁にぶつかっていきながら築けていけたらいいなと思います。

プロフィール

営業事務を経験後、育成型のIT人材紹介事業(e-ファームプロジェクト)の立ち上げに携わる。
現在は、エンジニア正社員の採用や派遣・転職支援の登録の窓口である採用チームのリーダーを担当。書類選考、面談・面接の対応やマッチング、採用計画の立案業務を主に行っている。

ページトップへ