社員インタビュー

伴 隆行

すべてのことに前向きに

伴 隆行
2009年新卒入社
エンジニアソリューション部 営業グループ 第一営業チーム

信頼を勝ち取るための武器は「スピード」と「事務としての経験」

エンジニアソリューション部に配属と聞いた時は率直に「文系出身なのにできるのか」という不安しかありませんでした。技術のことは何もわからないうえに、ほとんどのエンジニアが自分より年上の方という状況の中で、どのようにコミュニケーションを取り、どう信頼を構築していけばいいのか。そこで、まず基本は意見や思いを丁寧に聞き、依頼事に関してはとにかくレスポンスやアクションを早くすることを心掛けました。「後で確認します」ではなく、その場で反応できれば、企業もエンジニアも安心してくれるのではと思ったからです。そこで活きたのが入社後2年間担当していた給与計算等の事務業務での経験でした。実は、営業をやりたいと思って入社したので、給与計算業務は正直つらいことが多かったのですが、2年目の途中頃から「知識を蓄えて、今後営業になった時に話ができるようにしよう」と切り替えたことがターニングポイントでした。営業になってから受けた問い合わせの多くが給与や勤怠についてだったので、すぐに答えることができたのです。この知識とスピード感を武器として、まずは技術以外でできることから関係を構築していきました。この時初めて、業務はすべてつながっているということを実感しました。

伴 隆行

愛情と最高のバックアップ体制の中で成長

“技術用語がわからないからうまく伝えきれない”という大きなネックを乗り越える一手として、技術用語集の作成に取り組みました。技術用語を調べて意味を書く。調べても理解できないことは、エンジニアソリューション部に在籍するエンジニアOBのみなさんに噛み砕いて説明していただきながらできるだけ簡素化したものを覚える。時には現場のエンジニアスタッフさんたちにも教えてもらったりして勉強しています。実は部門のメンバーのほとんどが文系出身ということもあり、この技術用語集は部門全体で共有し、さらには“知恵の輪活動”という全社での業務改善活動でも取り上げていただけました。また、自己啓発として、そのOBのみなさんに技術に関する勉強会を開いていただいたりもしています。自分が一生懸命できることをしていると必ずサポートしてくださる方たちばかりなので、あげだしたらきりがないくらい、本当にメンバー全員に愛情たっぷりに育ててもらっていると思っています。技術の知識がない状態からここまで成長できたのは、このように部門全体で取り組むサポート体制が整っているからだと思います。

「他の方が嫌がる仕事ほど自分から手を挙げてやりなさい」

営業として付き物なのがクレーム対応。中には3時間謝り続けたこともありました。そんなクレーム対応は業務の中で一番と言っていいほどつらいことですが、そこをむしろチャンスと捉えています。というのも、物事がスムーズに進んでいる時には案外信頼関係は構築できなくて、悪いことが起こった時にそれを良い方向へ戻した時にこそ信頼関係につながると思うからです。もちろんクレームはない方がいいのですが、そういうマイナスの場面に遭遇した時にどう動くかが、営業の腕の見せ所だと思っています。仕事はいいことばかりではありません。「他の方が嫌がる仕事ほど自分から手を挙げてやりなさい」という上司からの教えを基に、やる以上は何でも前向きにやる。常に前向きな姿勢で業務に取り組むよう心がけています。

伴 隆行

プレッシャーを与えてもらえる環境にいられる幸せ

入社時より大きく変わったことは、仕事に対して責任を持ち、できる限り上司に頼らず自分で解決しようとするようになったことだと思います。営業は信頼関係が築けないとすぐ「上司を呼んで来い」と話さえも聞いてもらえないことがあるので、そうならないようにすべてにおいて責任感を持って対応するよう心がけています。入社から5年が経った今、エンジニアソリューション部の中でも重要なクライアントを任せていただけるようになったこともあり、「次は自分が引っ張っていく!」という強い気持ちに変わってきています。もちろんプレッシャーはありますが、“プレッシャーを与えてもらえる環境にいるということが幸せ”と感じるので、これからも前向きに強く、そして主体的に仕事をしていきたいと思います。

※2014年5月時点の情報です。

プロフィール

2009年新卒として入社。エンジニアソリューション部にて、エンジニアの給与計算や有給付与等の事務業務を担当した後、エンジニア(技術)派遣の営業として既存顧客の拡大と請負業務を担当。現在はオムロンの環境事業における開発サポートセンタの立ち上げに関わり、センターの安定運用と拡大を目指して、人員対応やクライアントと現場リーダーとの折衝等を担っている。

ページトップへ