「合同企業説明会(大阪)」を行ないました

2017年03月03日

みなさん、こんにちは。
昨日、2018年新卒学生のみなさんを対象とした「合同企業説明会」を開催しました。

昨年の2倍を超える方にご参加いただき、みなさんの高い就業意欲を感じています。
終了後に書いていただいたアンケートからも、“就職したくないけど、みんながやってるから仕方なくやってる感“や
”親が行けっていったからしょうがなく来た感“は、感じられません。
人生何でも、楽しんだもんだもの勝ちです。絶対。

アンケートから参加者のみなさんの声をお届けします。

「社名は知っていても、事業内容など知らないことの方が多かった。難しそうだと避けていた業界にも新しく興味がわき、視野を広げられた」(S大学・聴覚障がい)

「参加企業の中には興味がない企業もあったが、話を聞いたことで興味を持てるようになったので、自分にとって良い機会になった」(O大学・聴覚障がい)

「人事の方々とじっくり話すことができ、今まで見ていなかった業界や分野に触れ、知ることができて非常によかったと思います」(D大学・体幹機能障がい)

ありがとうございます。
その“気づき”、まさにわたしたちが望んでいたものです。

ネットで地球の裏側のことも、黒柳徹子の「今日の朝ごはん」のメニューも
あの人の過去の恋愛も、一瞬にして知ることができる世の中です。
でも本当に大切なことは何ひとつわかっていないのかもしれません。
実際に話を聞く、直接見る、身体で感じる。五感をフルに活かしてつかみ取ってください。

「障がいのある社員の方の話を聞き、障がい者でも安心して働けているのだなと少し安心できた」(O大学・精神障がい)

「障がい者採用に積極的な企業さんがあることを知れてよかったです」(K大学・上肢障がい)

「障がいを気にせず仕事ができる環境があることが分かり、良い説明会だと思った」(R大学・視覚障がい)

「それぞれの会社が障がいに対してどのような考えを持っていらっしゃるかを聞いたことで、自分の就職してからのイメージを具体的にすることができました」(D大学・精神障がい)

障がいのある方が働いている姿を見たことがない学生さんがほとんどだと思います。
それどころか、ダイバーシティ、CSRといった言葉が一般的に使われる今でも
街で障がいのある方に出会うことはそれほど多くありません。
障がいのある方がオフィスで働いている様子をイメージできないのも仕方がないことかもしれません。

オムロン パーソネルでは、車いすを使用している社員だけでも10人います。
オムロン パーソネルを経由して就職された方もたくさんいらっしゃいます。
障がいのある方が、人事担当者であることも結構あります。
わたしにとっては障がいのある方がオフィスで働いている姿は日常です。
日本の職場の風景は変わりつつあります。劇的にではないけれど。一足飛びにはいかないけれど。

「人事の方と話す機会がこれから少なくなるので、こちらの合同企業説明会はとてもいい機会です」(K大学・上肢障がい)

「企業の方とは直接話ができ、また参加したいと思いました」(T大学・下肢障がい)

「人事担当者に障がいについての質問ができてよかったです」(D大学・上下肢障がい)

人事担当の方が目の前にいても、自ら話しかけなければ意味はありません。
話しかけてもらうのを待ってていい季節は、とっくの昔に過ぎました。

「自分のために前向きに考えていこうと思いました」(K大学・精神障がい)

そうです。
全ては自分のため。

みんな、がんばれー!

by 佐野

RSS最近の記事

過去記事

リンク