経験が何よりの裏付け

2017年07月06日

みなさん、こんにちは。
7月に入り、京都には祇園祭の雰囲気が漂いはじめました。

山鉾町界隈には「コンチキチン」のお囃子の音が響き、人々は「もうすぐ、祇園さんの
お祭りどすなあ」という時候の挨拶が交わされています――。
……という記述を、セレブ系雑誌で見かけましたが、いや〜、「どすなあ」なんて言葉、
なかなか聞けません。どこで交わされているのでしょうか。聴きたい。

さて話はがらりと変わりますが、いまNHKでは2020年の東京パラリンピックを見据え、障
がい者スポーツを取材する障がい者のキャスターとリポーターを募集しています。
自らの経験を踏まえて取材をすることで、選手の活躍を生き生きと伝えるのが目的で
NHK初の取り組みだそうです。

募集要項を見ると、
◆雇用期間:1年の有期雇用。NHKの正職員ではなく、契約を更新する場合がある。
◆給与等:規定により支給。社会保険については法定の定めにより適用
◆募集対象:NHK放送センターに通勤可能な範囲に居住することができる(社宅などなし)
      ※その他にもあり

夢のあるチャレンジですが、応募できる人はかなり限られそうな条件ですよね…。
雇用期間なり、給与なり、もっと何らかのバックアップがないと、とくにいま定職についてる
人が在職中の会社を辞めてチャレンジする、とはなかなかいかないのではないかな、と。

しかしこの経験を糧に、その次の人生を作っていこうという気持ちがあれば、話しは別です。

面接でのアピールのなかで、何が一番強いアピール力を持つかというと、やはり経験です。
キャリアであれば、どんな会社で、どんな仕事を、何年間やってきたか。
そこでどんな意思を持って、どんな工夫をして、実績を上げてきたか。

転職をするときだけでなく、日々、仕事をする中でもそれを意識すると
ずいぶん仕事に対する姿勢も変わってくると思います。

日々の仕事がキャリアを作っていること、忙しかったり、ルーチン作業が続くと忘れがちになるかも
しれませんが、節目節目で振り返ることが大切かもしれません。

by 佐野

SOSを出そう

2017年06月02日

みなさん、こんにちは。

昨日、2018年春卒業予定の大学生を対象にした企業の選考活動が解禁になりました。
しかしながら、5月12日にリクルートキャリアが発表した調査によると
5月1日時点での大学生の就職内定率(速報値)は34.8%で、昨年度同月に比べて
約10ポイントも高いそうです。

この結果をどう見るか?
ちなみに回答したのは大学生1328人、大学院生417人。
調査対象は5659人ですから、3914人は回答していないのです。

世の中にはたくさんのデータや数字があります。
いちいち気にしていたらきりがありません。

いま目の前にあるものを一つ一つ見直していきましょう。
焦ってもいいことはありません。
周りの人にSOSを出して、協力してもらいましょう。

就職にかたくなさは必要ありません。
頼りっぱなしはいけませんが、一生懸命頑張っている人のことは
みんなが応援したくなるはずです。

by 佐野

振り返り

2017年04月25日

みなさん、こんにちは。
4月に入り、あっという間に1ヵ月が経とうとしています。

3月2日から始まったオムロン パーソネル主催の合同企業説明会も
先週の4月19日が最後となり、残すはオムロングループの会社説明会
5月9日(火)に熊本、5月11日(木)に岡山、5月12日(金)に東京となりました。
就職活動も後半戦です。

とはいえ、まだ4月。友だちからの「内々定ゲット!」の情報に落ち込んでいる人も
いると思いますが、あきらめずに前に進むしかありません。
これまでの就活で得られた結果をもとに、これまでの就職活動を振り返りましょう。

書類選考が通過しないのであれば、履歴書とエントリーシートを見直しましょう。
「とにかく数を出さなきゃいけない」と急いで書いたために、内容が薄くなっていないでしょうか。
履歴書とエントリーシートに完成はありません。
都度都度、修正すべきもの。受ける企業ごとに内容を見直すことは必須です。

「障がい紹介書」を提出していたのであれば、その内容にネックがあるかもしれません。
専門用語ばかりで、障がいに詳しくない人に伝わりづらくなっていないでしょうか。
「できません」が連発されていると、敬遠されがちです。
「しっかり読めば分かるはず」と思うことは慢心です。
人気企業には一度に何千通もの応募書類が集まります。
その中で読んでもらい、理解してもらうには、細心の注意を払い、分かりやすくしなければなりません。

一次面接で落ちているのであれば、表情や動きに問題があるのかもしれません。
暗い表情、ネガティブな表現、受け身な態度。
面接官は5分で見抜くとよく言われます。
最初の5分が勝負です。
自分がどのような表情で話をしているか、メリハリのある動きができているか
スマホで撮ってチェックしてみてください。
そこまでするの?と思われるかもしれませんが、受かっている人はそこまでやっています。

長い人生、就職活動ができるのはいましかありません。
未来の自分のために、がんばりましょう!

by 佐野

RSS最近の記事

過去記事

リンク